ダイエット

筋トレで痩せたい女性は満足度を上げて好きになる事【ポイントは5つ】

筋トレ,女性,MuscleWatching

 

筋トレで痩せたい女性向けの内容です。

先日、下記のようなツイートをしました。

筋トレで痩せたい女性は、軽い負荷でどの動きもゆっくり動く方が良いです

動きが早くなってしまうと体幹に効きにくいうえに、速筋に作用しやすいので筋肉を発達させてしまう場合がある。。

筋トレをやっている満足感より、ゆっくり効いてる感に満足度を向けよう

上記のツイートについて深堀していきます。

本記事では、筋トレしている女性で、「なんで痩せられないんだろう。」

「筋トレするにつれて体が大きくなっている気がする!?」

「筋肉に効いているのに何故か細くならない。。」

など「筋トレでスタイルを良くする方法」を解説していきます!

※2分くらいで読めますので、筋トレで体型を変えたいと思う女性は、2分(つまり120秒)だけ僕にいただけたらと思いますm(_ _)m

申し送れました、こんにちはタートルです。

この記事を書いている僕は、ダイエットトレーナー歴、YouTube歴共に7年ほどです。【2020年現在】

毎日トレーニングレッスン10~15本程度行なっておりまして、「月間平均レッスンは250本ほど」行ない女性のダイエットをお手伝いさせて頂いております。

その経験を生かして「筋トレで体型を変える方法」について女性の悩みを少しでも解決させて頂きたいと思っております。

筋トレしている女性から「筋トレをしても変わらないけどどうすれば良いですか?」という問いがよくあります。

食べ過ぎは別として、、結論から言いますと「ゆっくり筋肉を使う」事で体は変わります。

というわけで今回は、「筋トレで体型を変えたい女性」に関して、深掘りしつつ解説していきます。

筋トレをしている女性
筋トレをしている女性
「体を変えるにはどうすればいいですか?」

 

こういった悩みを解決します。

本記事の内容

・筋トレは女性ならゆっくり動くべき【体幹が鍛えられる】

・女性は負荷の軽い筋トレの方が良い【しっかり効かせられる】

・ジムで筋トレより自宅トレで女性は十分【長期で見ると痩せる】

・筋トレが嫌いでも満足度を上げると好きになる【やりすぎ注意】

管理人タートルのyoutubeチャンネルです。簡単で効くエクササイズ動画などダイエットの動画を配信しています。タートルfitness良かったらチャンネル登録宜しくお願いします。

筋トレは女性ならゆっくり動くべき【体幹が鍛えられる】

体幹トレーニング女性
筋トレに悩む女性
筋トレに悩む女性
筋トレをやっているけど合っているのは分からないです。。メニューや動き方とか、、

女性なら、筋トレの動きはゆっくりな程良いです!

理由は、深層部(体幹)に効くからです。

何故深層部に効くと良いのか?

それは「ボディーライン」を作る大切な筋肉だからです。

筋トレして痩せても、骨盤が下がっていて足が短く見えたら嫌ですよね?

足が細くなったのにめちゃんこ反り腰だったら変ですよね?

「筋トレ=良いスタイルになる」は別問題なんです。

でも、せっかく筋トレをして女性磨きをするなら良いスタイルになりたいですよね?

それなら筋トレは「ゆっくり動くべき」です。

例えば、軽い重りを持って一気に持ち上げたら、途中から勝手に上がっていきますよね?

それは、初めの一瞬だけしか力が掛かっていません。

ゆっくり持ち上げればずっとその重さが掛かっていますよね。

男性は、力を付けるために負荷を上げて行くので、常に重たいものを使い一気に力を出します。

目的が、筋肉を付けたい、太くしたい、大きくなりたいなどですから。

女性は筋肉を付けたいと言うよりは、スタイルが良くなればいい。

痩せるために代謝を上げたいから。

リバウンドしたくないから。

など、女性は筋トレがツールのようなものです。

良いスタイルになる為や、痩せるためのバランスを取る為に筋トレを活用します。

男性と同じ使い方で筋トレを行うと、やはりしっかり筋肉が付いて

大きくなる部位や、太くなる部位が出てきます。

ですので、そうならない為には「ゆっくり動いて効かす」事に意識を向けないといけません。

もし、一つの動きが1秒で一回なら「2秒ずつや3秒ずつで1回」にして「4秒や6秒で一回」位な動きにする事で「大きくなりにくい遅筋」「ゆっくり動かすための体幹」が鍛えられます。

女性は負荷の軽い筋トレの方が良い【しっかり効かせられる】

女性,筋トレ,重り,軽い
筋トレに悩む女性
筋トレに悩む女性
 筋トレは重いほど筋肉が付くから、重くした方が良いのかな?

男性は基本的に筋肉を大きくしたいので、常に重たい物にチャレンジしていきます。

逆に、女性でスタイルを良くしたい場合は、自重トレーニングや軽い負荷がお勧めです。

・大きなお尻になりたい

・腕を太くしたい

・太ももを太くしたい

と言った願望がなければの話ではありますが。

女性ならゆっくり効かす感じでトレーニングをするべきです。

理由は「遅筋が鍛えられる」からです。

トレーニングの際に早く動いてしまうと大きくなる「速筋」が鍛えられます。

脂肪を減らしたいけど、筋肉は太くなってほしくない。

そう思っている女性はゆっくり動いて筋肉に効かすイメージで「遅筋」を鍛えることが大切です。

どうなことかと言いますと、

「体幹トレーニング」と言われている静的なエクササイズ

「自重トレーニング」でのスクワットや腕立て伏せなど

1kgや2kgとかの重りを使ったゆっくり動くエクササイズ

などです。

自重トレーニングでも「有酸素運動」はまた別な話です。

「有酸素運動」でも確かに遅筋が鍛えられます。

しかし使い過ぎや種目によっては、筋肉が大きくなることがあります。

例えば「ランニング」や「縄跳び」

「ランニング」は、体重の軽い人がゆっくり走るなら特に問題はないと思いますが、、

体重の重い人や、早いスピードでランニングをすると、足やふくらはぎの負荷は意外とあるので太くなったりします。

「縄跳び」も同じく体重の重い人や、長い時間やると「飛ぶ」わけですからふくらはぎの負担が大きく太くなることがあります。

良いスタイルにないたいな~

痩せたいな~と思うなら「軽い負荷のエクササイズ」が良いです。

ジムで筋トレより自宅トレで女性は十分【長期で見ると痩せる】

自宅で筋トレ女性
ダイエットに悩む女性
ダイエットに悩む女性
ダイエットは家で筋トレするより、やっぱりジムに行った方が良いかな?

女性はマシンとか使わなくても「自重トレーニング」や「バランスボール」「軽い重り」があれば自宅で十分だと思います。

長い目で見ると、ジムに通い続けるよりも毎日帰る自宅でする方が「ストレスも時間」も節約出来るからです。

ジムでもし慣れて、引越しをしてジムが遠くなれば結局自宅でするようになるだろうし、ジムに行っても人が多ければ、次行くのは億劫にもなったりする事があり得ます。

そのような点から「自宅トレ」が間違いなくお勧めです。

最近では自宅で「youtube」を見ながらエクササイズをする人口も増えているようです。

実際それで十分です。

youtubeの配信者も次から次へと「新しい動画」がアップされてくるわけだし、見ながら毎日コツコツとやれば確実にダイエット出来ます。

良かったら下記の記事も参考にしてください!
youtuberのエクササイズ動画で痩せる方法【ポイントは6つ】

筋トレが嫌いでも満足度を上げると好きになる【やりすぎ注意】

筋トレ,楽しい,女性,
筋トレが好きになれずに悩む女性
筋トレが好きになれずに悩む女性
少しずつ筋トレしているけど、やっぱり好きになれないんです。。どうすれば良いですか?
管理人タートル
管理人タートル
実は、私も筋トレを中々好きになれませんでした。無理に頑張り過ぎないことで楽になりましたね。

筋トレは「満足度」に着目しないと「ストレスになる」だけどと思います。

少なからず「筋肉にストレス」を与えているわけですから、バランスが取れないとストレスになり「好きになれず辞める」事に繋がります。

そこで筋トレを好きになる方法のポイントは5つ。

・気分転換レベルで辞める

・思った重さより少し下げる

・辛くなる手前で辞める

・時間を決める

・メニューを決める

などがあります。

パーソナルトレーニングの場合は「はい、OKです」と時間が来れば終わりなので、終わった!と満足度が自分一人で筋トレをするより高いです。

自分でする場合は、全て自分次第です。

疲れて辞めても「もう1回くらい出来たかも?」とか

1時間運動しても、まだ時間あったし「もう少しやれば良かったかな?」など

頑張ったのに満足出来なかったりして、いまいち筋トレを好きになれなかったりします。

好きになる為には先ほどの例のように「ルール」を決めると「満足度がアップ」します。

中でもお勧めなのは「筋トレのメニューを決める」です。

もっと出来そうな日でも「決めた筋トレメニューで終わる」です。

例えば

・エクササイズAを20回×2

・エクササイズBを10回×3

・エクササイズCを30秒×5

・ストレッチAを5分

といった感じで行って辞める。

そうすることで「満足度がアップ」して筋トレが好きになれます。

女性ならそこまで無理に追い込まなくても良いので「気分転換」位の気持ちで筋トレをやってください!

少しづつ楽しくなってくるはずです。

ダイエットに成功した女性
ダイエットに成功した女性
太もも細々ブログの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!